行って良かったブライダルフェア 
 

ホテルイースト21 キャピトル東急 ホテル ザ マンハッタン 銀座東武ホテル 横浜テクノタワーホテルファミール ホテル・ザ・エルシー 浦安ブライトンホテル 椿山荘 八芳園 箱根ホテル
 

“おめでた婚”対応の新プラン

ホテルイースト21のおめでた婚のカップルを狙った「ハッピイエンジェル」は最短で3週間で挙式が可能。新婦のドレスはオーダーメイドで作られる。また、打ち合わせはホテルスタッフが出張して行うか、ホテルで行う場合はホテル最寄の駅からのタクシー料金が無料にするなど対応している。


来館後一週間有効な食事券を呼び水に

ブライダルフェアなどで来館したカップルの再来館を促す為に、キャピトル東急ではレストランで使える食事券をプレゼント。 ブライダルフェア1回だけに訪れるだけでは、ホテルのよさが十分にわかってもらえないのでは、との考えから。 食事券の有効期限は、1週間と設定。その為1週間以内に再来館すれば、フェアでのイメージを持ったまま、食事に訪れることで、普段のホテルのよさも理解したうえで、挙式・披露宴に結びつけることが出来る。 また、食事を呼び水にすることで来館しやすいきっかけを作っている。 食事券は、ランチタイムでもディナータイムでもどちらでも使用することができる。 時間の限られたブライダルフェアだけでなく、余裕のある時間にじっくりとホテルを見てほしいと考えた企画。 来館すればするほどホテルのファンになり、成約する率が高くなっているという。


申し込みから挙式日までで料金が変わる直近向けプラン

ホテル ザ マンハッタンは申し込みから最短2週間で挙式・披露宴の施行が可能なプラン「アイビス」を新発売。 2つの料金プランがあり、申し込みから挙式日までが1ヵ月以内のプランでは、10人まで22万6300円。申し込みから挙式までが1ヵ月以上2ヶ月以内のプランでは、10人まで28万円。参加人数が10名を超える場合の一人当たりの追加料金は、前者が1万2500円、後者は1万4600円である。
また、ベビー用品リース会社と提携し、申込み時に赤ちゃん誕生予定のあるカップルには、べビー用品1点を1年間無料で貸し出す。代金(1〜2万円相当)はホテルが負担。いわゆる「おめでた婚」のカップルには魅力的な内容となっている。


平日夕方からブライダルフェア実施

銀座東武ホテルは土曜・日曜日などに行っている通常のブライダルフェア以外に平日の夕方から行うブライダルフェアを実施。 現在、平日の夕方から行うブライダルフェアは開始時間が18時、終了時間は21時。「ルネッサンスナイト」としてレストランモデルルーム、衣裳試着などのほか、無料の試食会も行われている。 金曜日の夜であれば、成約客との打ち合わせも土曜・日曜日と比べれば少なく、新規に来館するのは19時過ぎぐらいまでで、スタッフの力をより集中したかたちでの接客が可能だ。


一泊二日の宿泊型ブライダルフェア

横浜テクノタワーホテルファミールの一泊二日の宿泊型のブライダルフェア。宿泊型というこれまでに無い形式のブライダルフェアで、マスコミ媒体に取り上げられ50組近くのカップルから申込みが殺到。ホテルのスタッフなどの関係から案内できる組数を20組に限定。あとのカップルには翌日からの参加をよびかけた。ドレスの試着・撮影・抽選会があり、初日夕方にチェックインしたカップルにとっては丸々一日ホテルに滞在する計算になる。まさに、ホテルの「スミズミ」まで見ることのできるブライダルフェアだ。


1会場1日1組限定で挙式時間自由に選択

ホテルウェディングをよりパーソナルなものにしようという新企画もある。 ホテル・ザ・エルシーは、現在ある4つの会場はすべて1日1組限定とし、時間設定も行わず、ユーザーの好きな時間に挙式が行えるようにしている。披露宴の時間も通常2時間〜長くて2時間半が多い中、同社では3時間で打ち出し顧客満足度を高め、リピーター獲得にも繋げていく意向である。 また、ゲストの顔ぶれによりレイアウトを変え、1つの会場の中で様々なテーブルを使用するなど列席者への配慮も欠かさない。


“電撃カップル”向け割引導入

浦安ブライトンホテルでは今年7月から9月末日までに挙式をするカップルに対し見積り総額の10%割引を実施している。 「電撃結婚!」というプラン名で、できる限り早く結婚式を挙げたいけれども式場や挙式内容へのこだわりは捨てたくないというカップルをターゲットにすえている。 同ホテルが従来より提案している婚礼は、挙式に招くゲストの満足を最大限に配慮し、コンセプトや空間作り、料理の演出に至るまで二人の思いをスタッフとともに作り上げていく「オーダーメイドブライダル」。今回の「電撃結婚!」のように予約から挙式当日までの時間が極めて限られた場合でも、白紙の進行表を元に新郎新婦と一緒にブライダルを作り上げながらトータル的にサポートしていく。


 


挙式後25周年・30周年の夫婦を対象に

椿山荘は、過去に挙式披露宴を行った夫婦を対象に、当時と同金額で当時の婚礼料理を再現した会食企画の受注を開始。 この企画のきっかけとなったのは、過去に挙式披露宴をおこなった夫婦が、当時の婚礼メニューを持ち、子供たちに食べさせたいという要望があったことだ。 これをヒントにして当時の婚礼メニューと同じ物を味わえる企画をスタートさせることとなった。今回、ターゲットとしているのは、現在25周年、35周年を迎えている夫婦。そこにDMを発送し告知。 25周年・35周年を迎えている夫婦であれば、ちょうど子供がいれば適齢期に入るというパターンも多く、そこへのアピールも見込んでいる。


約5割が「特注メニュー」をオーダー

八芳園では、婚礼客の思い出やエピソードが詰まったオリジナルメニューの提案を積極的におこなっている。 出身地の食材などを使った料理を1〜2品、スタンダードのコースメニューの中に組み入れるケースが多い。 打ち合わせの段階で二人がイメージしている内容を聞き、料理長が考案した具体的なメニューを次回打ち合わせの際に提案する。その後、料理長自ら打ち合わせに同席、価格的な面やどのような食材を使用するかなどを本格的に固めていく。婚礼客による食材の持ち込みも認め、産直物を中心にインターネットを活用した食材購入も積極的に行っている。


箱根の芦ノ湖畔 3ホテル共同のブライダルフェア

箱根の芦ノ湖畔の箱根ホテル、山のホテル、箱根プリンスホテルの3ホテルが、共同で芦ノ湖ブライダルフェアを開催。 この共同フェアは「箱根の活性化」を目的としたもので、当日は、各ホテルごとに模擬披露宴や会場見学などもできる。それぞれのホテルでイベント内容が異なるため、すべて廻れば、ドレスの試着などのほか、メイクアップ体験などもできる。食事は、どのホテルで食べても50%。特典として、成約カップルには、挙式当日にホテル特製の生ケーキをプレゼントのほか、3つのホテルを全部廻った新郎新婦には、宿泊料金が、半額になる優待券をプレゼント。フェアに参加したカップルは3つのホテルに前日または、当日1名1泊6000円で宿泊することができる。



 

 
 
TOPに戻る